【裁判】成年後見人制度を利用した人が一部の職業に就けない「欠格条項」で仕事失った男性 国に賠償求め提訴へ

投稿者:

1 :みつを ★:2018/01/10(水) 00:07:04.24 ID:CAP_USER9.net
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180110/k10011283251000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

1月10日 0時02分
成年後見制度を利用した人が一部の職業に就けなくなる「欠格条項」によって警備員の仕事を失った岐阜県の男性が、規定は法の下の平等などを定めた憲法に違反するとして、10日にも国に賠償を求める訴えを起こすことになりました。

成年後見制度は障害や認知症などで判断能力が十分でない人に代わり弁護士や家族などが財産を管理する仕組みですが、制度を利用した人は地方公務員法や建設業法などおよそ180の法律の「欠格条項」によって定められた職業に就けなくなります。

訴えによりますと、岐阜県で警備員の仕事をしていた軽度の知的障害がある30歳の男性は、親族に預金を使い込まれる被害を受け、去年2月、成年後見制度の利用を始めましたが、警備業法には制度の利用者を警備の業務に従事させてはならないとする「欠格条項」があるため、翌月退職を余儀なくされたということです。

男性は欠格条項は障害者に対する差別で、法の下の平等などを定めた憲法に違反しているとして、国に対し損害賠償と警備員として働く権利を認めるよう求めて10日にも岐阜地方裁判所に訴えを起こすことにしています。
男性はNHKの取材に対し、「成年後見制度を利用したとたんになぜ辞めなければならないのか。警備の仕事に戻りたい」と話しています。

国は欠格条項の多くは合理的でないとして、ことし中にも大半を削除する方向で検討していますが、原告の代理人の弁護士は「見直しの議論は進んでいるが欠格条項が違憲と認められれば、同じような理由で退職を迫られたほかの多くの人たちの救済にもつながる」としています。

提訴について警備業法を所管する警察庁は、「まだ訴訟が起こされていない案件に対するコメントは差し控えたい」としています。

国は欠格条項の大半を削除の方向で見直し

欠格条項は成年後見制度が始まった平成11年にそれまでの「禁治産制度」から引き継ぐ形で定められ、当初から国会などで障害者などに対する差別だとして見直しを求める声が上がっていました。

その後、平成25年には東京地方裁判所が成年後見制度を利用すると選挙権を失うという公職選挙法の規定は憲法に違反するという判断を示し法律が改正されて投票ができるようになりました。

しかし、職業や資格については警備業法のほか地方公務員法や医師法などおよそ180の法律で欠格条項が残ったままで、3年前には規定によって仕事を失った元大阪府吹田市の臨時職員の男性が、市を相手取って雇用の継続と損害賠償を求める訴えを起こしています。

内閣府がおととし設置した有識者の委員会では、「成年後見制度の利用は、仕事の能力がないと判断する根拠にはならない」とか、「仕事を失いたくない障害者が制度を利用しなくなってしまう」という指摘が相次ぎ、国はことし中にも欠格条項の大半を削除する方向で法律の見直しを進めています。

「警備員の仕事に戻りたい」

訴えを起こす軽度の知的障害がある岐阜県の30歳の男性はおよそ10年前に警備員の仕事に就き、工事現場や駐車場で交通誘導の仕事などをしてきました。上司や先輩の指導を受けて、次第に一人前の警備員として認められるようになり、自分で生計を立てられるようになったということです。

しかし、親族が無断で男性の名義でローンを組んだり口座から預金を引き出したりしていたことがわかり、裁判所の認定を受けて去年2月から成年後見制度を利用して障害者を支援する団体に財産を管理してもらうことになりました。

男性が勤務先の警備会社に報告したところ、警備業法に成年後見制度の利用者は警備員の業務に従事させてはならないとする「欠格条項」があることを伝えられ、退職を余儀なくされたということです。

男性は「警備員を10年もやっていたので、いろいろなことを学び、人との関わりも増えました。障害があっても仕事ができることは見てもらえばわかると胸を張って言えます。警備員の仕事に戻りたいです」と話していました。

82 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 07:52:10.56 ID:p9z1TUC00.net

一般人は保佐人のホの字も知らんもんよ

74 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 03:59:28.82 ID:nYdb99Bx0.net

一年に一回程度の財産目録を家裁に提出するだけ
弁護士は毎月数万報酬貰っとるんやろ
本人にも会わないし世話もしない
クソに集る蛆虫

128 :名無しさん@1周年:2018/01/12(金) 20:35:09.86 ID:TkqpkZX20.net

解雇されて職失って、裁判費用ちゃんと払えるのかな・・

昔は障害者は弁護士も薬剤師にもなれなかったけど、その職業に就きたい当事者が訴えて
資格取ってるケースもあるから、今回はどうなるか見ものだな

101 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 10:41:45.97 ID:b79hP4jk0.net

普通の人は被補助人、被保佐人って言う存在を知らないだろう
自分も被成年後見人に登録されている人の証明書を法務局で委任状で取ったりするけど
そう言えば被補助人、被保佐人は見たこと無いや
試験には頻繁に出てくるのにね

6 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 00:14:05.49 ID:A6rScUx00.net

成年後見制度は、メチャクチャな制度だからな
これが普通にまかり通ってる日本は、ほんとにヤバイと思うんだが
この制度使えば誘拐すら犯罪にならない恐ろしさ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53872

86 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 08:34:51.33 ID:xq+4WysC0.net

勤務先の警備会社が配置転換してやれば良いのに。
警備員職じゃなく、他の職種として雇い続けなかったのは何故なんだ?

知的障害の原告も、訴える相手が違うんじゃないのか?

30 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 00:39:41.71 ID:8APg9aTr0.net

>成年後見人制度

家族が後見人になるのならいいが、弁護士や司法書士などにやらせると、
もとから少ない障害年金から少なくとも毎月2万円くらい容赦なく引っこ抜いていく
(障害者の資産が一千万円〜二千万円以上あると家族親族は後見人になれない)

しかも、障害者の金銭の出納は施設職員がしているので、後見人にはほとんど仕事がない
何もしないで月に二万、富裕な障害者からは3万円以上もぶん取る

明らかに悪法
一刻も早く改善すべき案件だ

57 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 01:29:36.22 ID:+bRcnBRM0.net

日本民法の父、穂積陳重の法窓夜話を現代語に完全改訳
短編×100話なので気軽に読めます

法窓夜話私家版 (なか見検索できます)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0776ZB4SW/

分冊版でもなか見検索できます(2-5) 1718
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777N4CFF/
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777N71D2/
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777HC9SK/
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777KDRJ7/

73 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 03:02:17.46 ID:aHtSFH0z0.net

入れ知恵されないと焼き寝入りだけど

63 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 01:56:31.52 ID:QOqXoHcF0.net

ああ、弁護士に利用されてるね
かわいそうだわ
この制度を使うと今の仕事を続けられなくなるって知らせない方が悪い
裁判費用とか弁護士費用とか理解できてるの?

38 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 00:47:48.94 ID:Y/ZYEvo00.net

警備員もピンキリだよね。
花形は現金輸送や緊急対応員だろうけど
雑踏警備や交通誘導は体力や敏捷性じゃなくて判断能力だし
ビル警備なんかは何かあったら身の安全を確保して助けを呼ぶ仕事だし

95 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 09:03:05.13 ID:puS43q9l0.net

順序が違う気がするけどな

制度があろうとなかろうと
そういう職についちゃいけない人だったんじゃ

127 :名無しさん@1周年:2018/01/12(金) 14:26:10.67 ID:UsBt9rz70.net

調べたらこの欠格条項に引っ掛かるのは成年後見と保佐だな
補助はセーフらしいから補助にして13条1項の9だけ外すみたいにすりゃいい

66 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 02:11:18.76 ID:hwYyuE+00.net

事理の弁識ができないのに(笑)

裁判所の判断の誤り

80 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 07:47:26.50 ID:w/fR/M1m0.net

これ
零細は費用自己負担で、自治体の役所、法務省に通うのもめんどくさい
就業前にハードルが高いのも人手不足の一因になってるよな

79 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 07:43:37.05 ID:zyHdSxKN0.net

ややこしいバカだな

26 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 00:31:37.19 ID:im9f/ZCb0.net

musio midori、危険な思想の反日チョソであることが担当者に察知されたため後見人の手続きを渋られていた

虫尾緑(ミュージオミドリ)
@essssuhttps://twitter.com/essssu/status/465873186127499265

大阪市で成年後見人制度を利用しようとすると、膨大な金銭に関する流れの書類、各親族の同意書等を書かされ、
後見人が決まるまで2〜3ヶ月待たされ、施行まで2週間近くかかり、さらにその後見人となった弁護士に渡す書類を
裁判所でコピーするだけでさらに一月掛かると言われる。これが役人のスタンス
8:16 – 2014年5月12日

虫尾緑(ミュージオミドリ) @essssu ・ 2014年5月12日
返信先: @essssuさん
役人とは、社会経験も無く、コピーするだけに一ヶ月も掛け、それが当たり前と思う生き物。
こういうのが社会に出ると反日で首で会社を追い出される。

虫尾緑(ミュージオミドリ) @essssu ・ 2014年5月12日
おまけに、書類コピーに一ヶ月掛けてゆっくりと作業し、その間に成年後見対象者が死亡し、
糞めんどくさい後見人の手続き作業から逃れるのを待っているという事は、依頼者には伝えない事になっているのです。

93 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 08:53:53.97 ID:R1kT0hUV0.net

制度が理解できていない時点で、頭脳の劣化が見られるし、警備員の仕事は無理だな。

114 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 21:07:58.25 ID:kcv7y/K30.net

思うに、ろくに検討もせずにとりあえず成年被後見人と破産者は欠格事由にしとけっていう雑な立法例が多い
弁護士など他人の財産を管理したりする職業に就くのに自分で財産を管理することができない成年被後見人などが不適当ってのはまあわかる
警備員だと3号警備とかはもしかしたら合理的に理由ありとされるかもしれないが
1号警備2号警備にまで必要な制限かと言われると正直疑問

でも例えば破産者は会社役員の欠格事由ではなくなったよな?
昔は破産するようなカスは株主の財産を預かる者として相応しくないってことで役員になれなかったが
経営者の再チャレンジを阻害するとして改正された
警備員に関しても本当に憲法が定める職業選択の理由を制限することを正当化するくらいの理由があるのか今一度検討する必要がある

71 :名無しさん@1周年:2018/01/10(水) 02:47:57.27 ID:YKoePGNy0.net

こづかいをこずかいと書くような人に法律を語って欲しくないわ。